サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

島根大学、フィッシング攻撃を受けアカウント”なりすまし”が発生、多量の迷惑メールを送信



画像:島根大学より

島根大学は2018年6月22日、同大学の職員がフィッシングメール被害受けたことにより、情報漏洩が発生したことを発表しました。

同大学によると、サイバー攻撃は同大学が利用しているメールサービスのログイン画面に酷似していたとのことです。

事案の経緯は?

島根大学の発表によると、フィッシングメールに引っ掛かったアカウントは下記の2件です。

  1. 不正に入手されたパスワードによる成りすましが行われ、多量の迷惑メールを送信
  2. メールの転送先が、不正なものへとが変更される

なお、大学側は情報漏洩の件数や詳細な経緯を明らかにしていませんが、漏洩が確認されたと述べています。

大学を狙ったサイバー攻撃が多発

昨今、大学を標的としたサイバー攻撃が横行しており、文科省などは今回の攻撃もその一環と考えています。

一連の攻撃はいずれもフィッシングメールやフィッシングサイトであり、攻撃者は「日本人ユーザーのセキュリティリテラシーの低さ」を熟知していることは明白。

日本人から情報を引き出すには、強固なシステムを突破する知識など必要ないと証明したも同然です。文科省はこうしたサイバー攻撃による「先端情報の漏洩」を恐れており、今こそセキュリティリテラシーの向上が求められていると言えるでしょう。

関連記事大学へのフィッシング攻撃が急増!6大学で情報漏洩を確認|文科省が注意喚起
参照フィッシングメール被害の報告及び個人情報漏洩に関するお詫び/国立大学法人島根大学





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。