画像:株式会社大分フットボールクラブより

株式会社大分フットボールクラブは2018年6月15日、同社が提供する観戦会「第5回しんけんトリニータ東京の陣」の参加者18名の個人情報が、同社ウェブサイトの申込フォームにて閲覧可能な状態になっていたことを公表しました。

被害は作業者の操作ミスやチェック漏れなどが重なり発生した事態とのこと。

なお、同社は2018年6月18日に、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」および「大阪観戦会」の中止を決定しています。

事案の詳細は?

株式会社大分フットボールクラブの発表によると、事案は申込者の指摘により事態が発覚したとのこと。申込フォーム作成時に、作業者が操作を誤り公開モードで表示した上に、監督者がチェック漏れを起こしたため、誰でも個人情報が閲覧可能な状態にあったと説明しています。

なお、問題の状態は2018年6月14日の12時~19時45分において発生。期間中に最大400名にアクセスした可能性があると述べています。

流出情報や被害規模は?

今回の事案では、合計18名の個人情報漏洩の可能性が指摘されています。各人の登録情報は以下の通りです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス

参照第5回大分トリニータ東京観戦会 申込み個人情報に関するお詫びとご報告について/株式会社大分フットボールクラブ
参照6/23「第5回しんけんトリニータ東京の陣」「大阪観戦会」 開催中止に関して/株式会社大分フットボールクラブ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?