サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

他人の個人情報を記載した受診券を送付、31名分の情報流出|福岡県古賀市が謝罪



画像:古賀市より

福岡県古賀市は2018年5月16日、同市が発送した「特定健康診査受診券」のうち、31名分の個人情報について、誤って他人の個人情報を記載していたことを明らかにしました。

古賀市は事実を確認後、該当者に直接訪問して対応。謝罪を行うと同時に文章の回収に当たっているとのことです。

事案の概要は?

今回の流出事案は2018年5月11日に、同市の保健福祉部予防検診科が9,395名分の「特定健康診査受診券」を発送したことに起因しています。

発送時に同市はミスに気が付いなかったのか、2018年5月14日に受診券を持参および電話連絡を行った方により、明らかになったとのことです。

その後、同市は調査を実行。2018年5月15日に調査結果を公表し、「約31名分の流出」があったことが判明しました。

流出情報の内訳は?対応策は?

古賀市によると、今回流出した情報の内訳は下記の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 年齢
  • 性別
  • 過去の受診暦の検査結果

氏名や生年月日などに加えて、「過去の受診暦の検査結果」などの機微情報まで漏洩している事情を考慮すると、同市の責任は重たいものと言えるでしょう。

なお、同市は流出の事実を把握したのち、該当者に対して個別訪問を行い既に29名分の文章を回収。不在の方に対しては文章を投函して対応したと説明しています。

参照記載誤りのある特定健康診査受診券の送付について(お詫び)/古賀市


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。