画像:古賀市より

福岡県古賀市は2018年5月16日、同市が発送した「特定健康診査受診券」のうち、31名分の個人情報について、誤って他人の個人情報を記載していたことを明らかにしました。

古賀市は事実を確認後、該当者に直接訪問して対応。謝罪を行うと同時に文章の回収に当たっているとのことです。

事案の概要は?

今回の流出事案は2018年5月11日に、同市の保健福祉部予防検診科が9,395名分の「特定健康診査受診券」を発送したことに起因しています。

発送時に同市はミスに気が付いなかったのか、2018年5月14日に受診券を持参および電話連絡を行った方により、明らかになったとのことです。

その後、同市は調査を実行。2018年5月15日に調査結果を公表し、「約31名分の流出」があったことが判明しました。

流出情報の内訳は?対応策は?

古賀市によると、今回流出した情報の内訳は下記の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 年齢
  • 性別
  • 過去の受診暦の検査結果

氏名や生年月日などに加えて、「過去の受診暦の検査結果」などの機微情報まで漏洩している事情を考慮すると、同市の責任は重たいものと言えるでしょう。

なお、同市は流出の事実を把握したのち、該当者に対して個別訪問を行い既に29名分の文章を回収。不在の方に対しては文章を投函して対応したと説明しています。

参照記載誤りのある特定健康診査受診券の送付について(お詫び)/古賀市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?