2018年3月12日、警察庁は仮想通貨の発掘を目的とした新たなマルウェアが増加していることを警告しました。

警察庁によると、これらのマルウェアはいずれも、マイニングプログラムの「Claymore」やスマートフォン向けOS「Android」を標的にしているとのこと。2018年1月より猛威を増しており、注意が必要です。

警察庁がClaymoreユーザーに注意喚起

警察庁は、ClaymoreのAPI利用者に対して、不正アクセスの備えを行うように呼び掛けています。具体的には、

  • 不必要なアクセスの遮断(ファイアーウォールなど)
  • ルーターを利用したネット接続
  • 適切なアクセス制限
  • IoT機器に対するセキュリティ
  • 脆弱性対策となるパッチファイル

などを列挙。いずれも基本的なことばかりですが、必要不可欠な対策です

「Android」を狙った不正アクセスも

警察庁は、「Android Debug Bridge」が使用するTCPポート「5555」に対しても、不審なアクセスを観測していると説明しています。

攻撃者は不正アクセスを通じて、仮想通貨発掘マルウェア「ADB.Miner」を送り込むことが目的としているとのこと。対策として

  • データ通信量の監視
  • 身に覚えのないアプリケーションの確認
  • 不必要なアクセスの遮断(ファイアーウォールなど)

などを列挙。「ADB.Miner」は全国的に広がりを見せているマルウェアでもあり、注意が必要です。

〈参照〉
仮想通貨の発掘を狙う不審な通信を観測--警察庁が注意喚起/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?