2018年3月に入り、クレジット取引セキュリティ対策協議会は、2017年度1月~9月の「なりすまし」によるクレジットカードの不正利用が額が、2016年の同期と比べて92.2パーセント増加。合計約130億円となったことを公表しました。

同協議会によると、不正アクセスによるカード加盟店からの情報漏洩や、マルウェア・フィッシング詐欺などについて言及。不正アクセスに対する脅威が増加していることを警告しました。

セキュリティ強化を促進

同協会は2018年度に実施すべき施策として、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画 2018」を制定。

  • 加盟店による不正利用対策
  • 不正検知システムの向上
  • ワンタイムパスワードなどの導入

上記を中心に、不正利用を防止すべき方針を打ち出しました。協会は今後の方針として、行政と連携して不正利用対策の重要性を広く周知する予定です。

EC分野被害は2倍近く上昇

「EC分野などの非対面取引による被害の増加」は、今回の報告で特に目を引く要素です。EC分野における決済比率は、約6割をクレジットカードが占めている状況。

加盟店やカード会社は「完璧なセキュリティ対策は存在しない」との前提のもと、多面的・重層的な対策を取ることが重要と位置付けています。EC分野におけるセキュリティ対策の難しさは、今後更に混迷を極めるでしょう。

〈参照〉
クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2018-/クレジット取引セキュリティ対策協議会(PDF)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事