フィッシングメールにおける注意情報を更新‐JC3

[更新]

この記事は約 2 分で読めます。



画像:日本サイバー犯罪対策センターHPより

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は継続的に行われるフィッシングメールについて追加情報を公表しました。

同機関が報告するフィッシングメールの大半は、インターネットバンキングの不正出金マルウェア(DreamBotやGozi等)のインストールを目的としており、感染すると甚大な被害が生じる危険性を有しています。

楽天カードの偽装が横行

JC3は定期的にフィッシングメールの事例を報告していますが、11月15日~12月4日現在における同機関の報告状況は、その大半が「楽天カード株式会社」を偽装したものに偏っています。

メールの内容は本物と見分けがつかないほど巧妙なものですが、URLや電話番号など、一部の連絡先に相違点が見られており、迂闊にリンクを踏むと、不正プログラムのダウンロードページに飛ばされてしまいます。

不正出金プログラムのチェックツールを公開

冒頭で触れた通り、こうしたフィッシングメールの大半は、不正出金プログラムの侵入を目的として配布されています。そのため、JC3は同機関のページにて、「DreamBot」及び「Gozi」など悪名高いマルウェアのチェックツールを公開。

訪問者は同ページに設置されたボタンをクリックするだけで、マルウェアを検出することが可能です。

<参照>
インターネットバンキングマルウェアに感染させるウイルス付メールに注意/JC3

DreamBot・Gozi感染チェックサイト【試験運用中】/JC3

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ
作者:   セキュリティニュース