2017年6月7日、フィッシング対策協議会はAppleを騙るフィッシングメールが増加しているとの緊急情報を公開しました。複数のフィッシングサイトが稼働中とのことですので、注意が必要です。

今回確認されている、メールの件名が下記です。

  • Order Confrimations. #[英数字]
  • リマインダ:アカウントロック
  • AppIe: 確認の進捗状況 [日付]
  • あなたのApple IDでセキュリティを守ります
  • Apple ID アカウントが無効になっています : [日付]
  • Apple IDはセキュリティ上の理由から無効になっています : [数字]
  • お知らせ:[Apple] Statementアカウントのログインを再開する [日付]
  • あなたのApple IDがロックされています

フィッシング対策協議会より引用

注文キャンセルの件名で届くフィッシングメールでは、日本語で商品の注文をキャンセルする様書かれており、手続きを進めるうちにフィッシングサイトへ誘導され情報入力が求められる仕組みとなっているようです。

Appleを騙るフィッシングメールは、2017年2月・4月にも確認されています。

<参照>
Apple をかたるフィッシング (2017/06/07)/フィッシング対策協議会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?