2017年6月7日、フィッシング対策協議会はAppleを騙るフィッシングメールが増加しているとの緊急情報を公開しました。複数のフィッシングサイトが稼働中とのことですので、注意が必要です。

今回確認されている、メールの件名が下記です。

  • Order Confrimations. #[英数字]
  • リマインダ:アカウントロック
  • AppIe: 確認の進捗状況 [日付]
  • あなたのApple IDでセキュリティを守ります
  • Apple ID アカウントが無効になっています : [日付]
  • Apple IDはセキュリティ上の理由から無効になっています : [数字]
  • お知らせ:[Apple] Statementアカウントのログインを再開する [日付]
  • あなたのApple IDがロックされています

フィッシング対策協議会より引用

注文キャンセルの件名で届くフィッシングメールでは、日本語で商品の注文をキャンセルする様書かれており、手続きを進めるうちにフィッシングサイトへ誘導され情報入力が求められる仕組みとなっているようです。

Appleを騙るフィッシングメールは、2017年2月・4月にも確認されています。

<参照>
Apple をかたるフィッシング (2017/06/07)/フィッシング対策協議会

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。