2017年2月7日、フィッシング対策協議会はAppleを騙るフィッシングメールが出回っているとの緊急情報を公開しました。

「アカウントがロックされています」などの件名が確認されている今回のフィッシングメールでは、本文でアカウント情報の確認を促し、別サイトにてApple ID及びパスワードの入力が求められるそうです。

メール詳細

【確認されている件名】

  • アカウントはロックされます
  • Reminder About Your Account
  • あなたのAppleIDはロックされます。アクティベーションコード: [数字]
  • アカウントがロックされています。
  • あなたの体のアカウントを確認してください。
  • Your Apple ID has been locked.
  • Your Apple ID has been suspended [#数字文字列]
  • Apple ID Locked.

Appleをかたるフィッシング(2017/02/07)/フィッシング対策協議会より引用

同会によると、複数のフィッシングサイトが稼働中とのことです。サイト閉鎖に向け調査が行われています。

<参照>
Appleをかたるフィッシング(2017/02/07)/フィッシング対策協議会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?