ジャストシステム、「花子」など複数製品に脆弱性を確認

この記事は約 2 分で読めます。



画像:花子2017統合グラフィックソフトサイトより

グラフィックソフト「花子」など、自社の複数の製品に脆弱性の存在を確認したとジャストシステムが発表した。この脆弱性が悪用されると花子を実行している権限で任意のコードが実行される危険性があるとのこと。

同社は、身に覚えのない電子メールに添付されている花子の文書ファイル、 並びに信頼性が保証されていないWebサイトなどの、 出所不明な花子の文書ファイルは開かないよう、注意を呼びかけている。

該当製品

個人向け

  • 花子2017
  • 花子2016
  • 花子2015

法人向け

  • 花子Pro 3
  • JUST Office 3 [Standard]
  • JUST Office 3 [エコ印刷パック]
  • JUST Office 3 & Tri-De DataProtect パック
  • JUST Government 3
  • ジャストジャンプ クラス2
  • ジャストフロンティア3
  • ジャストスクール6 Premium
  • 花子Police 5
  • JUST Police 3

体験版

  • 花子2017 体験版

ジャストシステムは今回の対策と回避策として、各製品ごとに対応するアップデートモジュールを案内。アップデートモジュールが提供されている製品については、 その導入を推奨している。

また、脆弱性情報ページを公開した4月20日時点で、悪用の報告は受けていないとしている。

<参考>
花子の脆弱性を悪用した不正なプログラムの実行危険性について
(ジャストシステムHPより)
Security NEXT

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ