サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

iPhoneで設定できるVPNとは?設定方法やメリット・デメリット



テレワークなどが増えている今、iPhoneにもVPN設定をしておくとセキュリティ対策に有効です。本記事では、VPNとはなんなのか、またiPhoneでVPNを手動設定する手順も詳しくお伝えします。

VPNとは

VPNとは、Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)の略で、直訳すると「仮想の専用線」です。カフェなどで利用できるフリーWi-Fiなどの公衆ネットワークを利用すると、悪意のある第三者によってデータの中身を見られたり改ざんされる可能性があります。こういったリスクを回避するのに役立つのが、VPNです。

インターネット上に仮想の専用線を設けることで、安全を確保して通信することができ、情報を守ることにつながります。

VPNの詳しい解説は、以下より確認してみて下さい。

iPhoneでもVPNは使える

テレワークを導入している企業では、iPhoneから社内のネットワークに接続することもあるでしょう。このとき、社内ネットワークに接続するには外部ネットワークからアクセスする必要があります。もしも、社内ネットワークのサーバーがプライベートIPアドレスを使っている場合、通常は外部ネットワークからアクセスすることはできません。

この場合、社内にVPN環境を構築してVPNサーバーとiPhoneで必要な設定をしておくと、認証後にiPhoneから社内ネットワークに直接接続しているかのように使うことができます。

さらに、iPhoneから直接社内ネットワークにアクセスできる場合、iPhone自体に機密情報が残っていることもあるでしょう。この場合、情報がいつ窃取されてもおかしくありません。VPNを使えば、セキュリティの管理を企業側がコントロールすることができるので、情報管理という点でもメリットがあるでしょう。

iPhoneのVPN設定方法

ここでは、アプリを使わずiPhoneに手動でVPNを設定する方法をご紹介します。

①設定アプリを開き「一般」 > 「VPNとデバイス管理」をタップ

②一番上に表示される「VPN」>「VPN構成を追加…」をタップ

③VPN接続に必要な情報を各項目に入力します。入力が完了したら、右上の「完了」をタップしてください。

構成が追加されると、接続をオンオフ切り替えできるようになります。設定を一度行えば、次回からは入力不要でVPN接続の切り替えが可能です。もしもVPNの構成を変更したい場合は、上記の手順を同様に行ってください。

iPhoneをVPN設定するメリット

iPhoneをVPN接続するメリットは大きく分けて2つあります。

自宅Wi-Fiのセキュリティ強化ができる

無料の公衆Wi-Fiなどを使った場合はセキュリティに気をつけないといけないだろうけど、自宅のWi-Fiなら大丈夫。そう考えている方は多いのではないでしょうか?実は、自宅のWi-Fiにも第三者から侵入されるリスクは常にあります。

もし、自宅のPCがウィルスに感染して、Wi-Fiルーターのパスワードを初期設定から変更していなかった場合。攻撃車によって推測しやすいパスワードを総当り的に入力されれば、簡単にWi-Fiネットワーク内に侵入できてしまいます。

こういったリスクに対してVPNを入れておけば、万一自宅のWi-Fiに侵入されてしまっても通信内容を盗まれないように防御することができます。

会社Wi-Fiのセキュリティ強化

前述のWi-Fiへの第三者からの侵入リスクは、会社のWi-Fiについても同様です。セキュリティ管理者が不在だったり、適切にセキュリティ管理がされていなかった場合などに、自宅Wi-Fiと同様の問題が発生する可能性があります。

特に、機密情報など重要な情報をやりとりすることが多い会社は、悪意のある第三者からターゲットにされてしまう可能性が必然的に高くなります。会社の通信環境がきちんとセキュリティ対策の施されたものではなく、家庭用のネット回線と同等の回線を使っている場合は、VPNの導入がとても有力な対策になるでしょう。

iPhoneをVPN設定するデメリット

VPN自体には大きなデメリットはありません。しかし、あえてデメリットとして挙げるとすれば「バッテリー消費量の増加」でしょう。VPNというネットワークを間に挟んで通信を行うため、iPhoneなどのモバイル端末で利用している場合は、どうしても全体での通信量が増えてしまい、バッテリー消費量が増加する可能性は考えられます。

とはいえ、急激にバッテリーが減っていくわけではありません。自宅や会社にはコンセントもあるはずなので、もしも使用に耐えうる場合は充電できる環境にあるため、過度に心配する必要はないでしょう。

まとめ

今ではiPhoneなどスマホで仕事を行う人も多くなってきています。いつどこでセキュリティ事故にあうか分からないので、PCだけでなくモバイル端末にもセキュリティ対策を施す必要があるでしょう。iPhoneは特に利用者が多いデバイスなので、頻繁に情報をやりとりする場合は、VPNを設定しておくことをおすすめします。


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。