サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【Panasonic(パナソニック)製機器】Let’s noteやDIGAなどのデータ復旧・データ復元方法について徹底攻略!故障原因やおすすめ業者は?

  • LINEで送る

様々な業界において世界シェアトップを獲得しているPanasonic(パナソニック)。個人向け・企業向けに発売されているLet’s note(レッツノート)は国内で生産されており、徹底した品質管理のもと不具合が生じにくい特徴があります。また、ブルーレイレコーダーのDIGA(ディーガ)はスマートフォンと連動し番組や写真、音楽を楽しむことができる機能を搭載するなど大変人気のあるシリーズです。

しかし大切なデータが保存されているパソコンやブルーレイレコーダー、ビデオカメラなどが起動しなくなった、データを誤って削除してしまった、などのトラブルが突然発生することは少なくありません。こういったデータに関するトラブルが発生した場合は、どのような復旧方法があるのでしょうか。

今回は、Let’s noteやDIGAなどPanasonic(パナソニック)製機器のデータ復旧方法について徹底解説します。

Panasonic製機器の種類

Panasonic製機器には以下のようなものがあります。パソコンやレコーダーに内蔵される記憶装置はHDDまたはSSDが使用されています。

種類 用途 参考機種
デスクトップ/ノートパソコン 軽量でありながら耐久性にも優れており、建設や土木などの現場でも使用可能なシリーズも。 Let’s note(レッツノート)、TOUGHBOOK、TOUGHPAD
ブルーレイレコーダー 外出先からスマホで録画可能なものや、録画番組をスマホで視聴できるものなど非常に便利なブルーレイレコーダー。 DIGA(ディーガ)
ビデオカメラ 比較的手軽な価格で、高性能なモデルを販売。 HC-V、HC-VX、HC-W、HC-X、HDC-H、AG-CX、AG-UXなど
メモリーカード データ保護機能が搭載された転送速度が高速かつ大容量のメモリーカード。 SDXC UHS、microSDHC UHSなど

Panasonic製機器の障害事例

Panasonic製のPCに多い障害事例

  • 電源が入らない/起動しない
  • データを誤って消去してしまった
  • 青い画面、黒い画面が表示される
  • エラーメッセージが表示される
  • フリーズしてしまった
  • PC内部から異音がする など

上記のような症状が発生している場合、本体の故障・システムの異常・内蔵HDD/SSDが故障しているなど、その原因は多数考えられます。

Panasonic製のDIGA(ディーガ)に多い障害事例

  • HDDが認識されない
  • 電源が入らない/起動しない
  • HDDから異音がする
  • 「アクセスできません」などのエラーが表示される
  • 本体表示窓にエラーコードが表示されている
  • データを誤って削除してしまった など

レコーダーの障害は、物理的な衝撃やファイルシステムの破損などが原因で発生することが多いです。レコーダーの復旧難易度はパソコンなどの機器と比較し非常に難しいです。理由として、記録されたデータが著作権の関係ですべて暗号化されるため従来の復旧作業が通用しないためです。対応できるデータ復旧業者も少ないため、依頼する際は事前に確認しておく必要があります。

レコーダーのデータ取り出し方法については以下の記事で詳しく解説しています。レコーダー復旧の実績のある業者も紹介しています。

Panasonic製のビデオカメラに多い障害事例

  • データを誤って削除してしまった
  • 上書き保存してしまった
  • 電源が入らなくなってしまった
  • エラーメッセージが表示される
  • データを読み込むことができない など

ビデオカメラの記憶媒体として、SDカードを使用している機種が多いです。SDカードにトラブルが発生した状態で撮影を続けると、完全にデータが上書きされ復旧が不可能になってしまう恐れがあります。ビデオカメラに保存されているデータを守るためにも、そのままの使用は控えてください。

Panasonic製機器におけるデータ復旧する際の注意点

Panasonic製機器に保存されているデータを復旧する際には、いくつかの注意点があります。誤った対処をしてしまうとデータの復旧率を下げてしまうことにも繋がりかねないため、下記の事項に注意して復旧の対応をしましょう。

フォーマット(初期化)を行わない

Panasonic製機器に保存しているデータを読み込めなくなった場合、「フォーマットしますか?」といったエラーメッセージが表示されることがあります。エラーメッセージに従ってフォーマットをすると保存されている様々なデータが消去され、取り戻すことができなくなってしまいます。

データが必要な方は、必ずデータのバックアップを取っていることを確認し、フォーマットを実行してください。

機器への通電を続けない

落下や振動などの物理的な衝撃によってPCやレコーダー、ビデオカメラなどに異常が発生した可能性がある場合、機器を動作させないことが重要となります。通電を続けることで破損した部品を、強制的に動作させることになります。

通電は機器へ大きな負荷をかける行為となるため、機器の症状が悪化してしまう可能性があります。データを取り戻せなくなることを防ぐためにも、通電を停止してください。

システムの復元を行わない

Panasonic製機器にトラブルが発生した場合、「システムの復元」という機能があります。しかしこの作業はPCのバックアップを作成した時点に戻すことになるため、それ以降のファイルデータはすべて削除されてしまいます。大事なデータが保存されている場合は、「システムの復元」を実行しないようにしてください。

個人でHDDを開封しない

Panasonic製機器に内蔵されるHDDを通常の環境下で開封すると、データを正確に取り出せなくなるリスクが発生します。上記の図はHDDの内部構造を表しています。データは磁気ディスク(図①)にすべて記録されており、この表面にホコリや塵が付着したまま動作させることで傷が付きやすくなります。開封する際には、専用の設備や高度な技術力が必須となります。データ復旧の専門業者でも、安全な環境で開封し復旧できる業者は、数えるほどしかありません。

Panasonic製機器からHDDを取り出し、個人で開封することはリスクを伴います。安全にデータを取り出すためにも個人の開封作業は控え、技術力の高い専門業者へ依頼してください。

SSDは特に取り扱い注意

Let’s noteの記憶媒体としてSSDが使用されているシリーズがあります。SSDの特徴としては、HDDと比べ処理速度が速く消費電力も少ないため、長時間使用することができる点です。

しかしSSDはHDDよりも書き換えの回数にも制限があり、熱や電気にも弱いため寿命が短く、突然壊れてしまうケースが多いです。ご自身で対処しようと再起動を繰り返すとSSDに負荷がかかってしまい、別の箇所にも障害が発生してしまう可能性があります。また、Let’s noteなどからSSDを取り外し、復旧ソフトを使ってご自身で復旧作業を行うと、必要なデータが上書きされたり、データ構成が書き換わってしまう恐れがあります。SSDは構造が複雑なため個人での復旧作業は非常に難易度が高く、対応できる専門業者も少ないです。データ復旧業者に依頼する際には、SSDのデータ復旧に対応できるかどうかを確認しましょう。

SSDのデータ復旧については、下記の記事で詳しく解説しています。

Panasonic製機器のデータ復旧方法

Panasonic製機器のデータ復旧方法は主に下記の2つに分けられます。用途やメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った復旧方法を選択しましょう。

復旧ソフトを利用する

データ復旧ソフトは、比較的安価で気軽に復旧作業を試せるツールですが、トラブルの原因が判明していない状態での使用には注意が必要です。経年劣化や、落下、振動などの物理的な衝撃によって機器にトラブルが発生した場合は、復旧ソフトを使用したデータ復旧はできません

正確な障害が判断できないまま誤った作業を進めてしまうと、機器の故障が悪化してしまう可能性があります。安全にデータを取り出したい場合は、まずプロの専門業者へ相談することをおすすめします。

データ復旧業者へ依頼する

データ復旧をする際に最もおすすめなのが、データ復旧業者への依頼です。

メーカーでは機器の修理を依頼することは可能ですが、データ復旧には対応していません。修理を依頼すると機器本体の動作は可能になりますが、保存していたデータはすべて初期化されてしまいます。

上記のように、主にメーカーは機器の開発や製造を専門としています。データ復旧や取り出しを行いたい場合は、専門のデータ復旧サービスを利用する必要があります。レコーダーやビデオカメラを復旧できる業者は数少ないですが、Panasonic製PCやレコーダー、ビデオカメラのデータ復旧実績がある業者であれば、確実にデータを取り出せる可能性が高いです。

技術力が高く実績のある業者を選定するポイントについては、以下のページで解説しています。

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、判断の基準が分からない方も多いと思います。そこで今回は、Panasonic製機器の復旧実績がある業者を厳選し、その中からおすすめのサービスを選定しました。メーカーのデータ復旧サービスや他社の業者で復旧不可であった場合でも、諦めずに相談することで大切なデータを取り戻せる可能性があります。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、365日24時間電話受付も行っているため、突然の故障にも対応することが可能です。

Let’s note(レッツノート)やDIGA(ディーガ)、ビデオカメラなど多くの機器に対応しており、安心して依頼できる業者と言えるでしょう。

また、技術力の他に復旧スピードも非常に速くスピーディーな対応も大きな魅力です。診断・見積りも無料で行えるため、データを取り出せるか不安な方は、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) ハードディスク(パソコン)ブルーレイレコーダービデオカメラ、RAID機器(NAS/サーバー)、外付けHDD、USBメモリ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 365日24時間電話受付
最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス

サイトデータリカバリーサービス

データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

今回は、Panasonic(パナソニック)製機器にトラブルが発生した場合のデータ復旧方法について解説しました。Panasonic製品はラインナップも多く、パソコンからブルーレイレコーダー、ビデオカメラなど多種多様な機器を展開しています。

データ復旧作業は、「一発勝負」と言われているほど技術力が必要とされる繊細な作業になります。また、自己判断での復旧作業はリスクを伴います。トラブルが発生した場合はなるべく機器への通電を控え、データの重要性に適した復旧方法を行いましょう。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。