サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【HP/HPE製品】PCやサーバーのデータ復旧・復元方法について徹底攻略!故障原因やおすすめ業者は?

  • LINEで送る

コンピュータ関連製品のメーカーとして世界シェアトップクラスを誇るHP(ヒューレット・パッカード)。据え置き型PCだけではなく、持ち運びにも便利なシリーズなど幅広く製造されています。またHPE(ヒューレット・パッカード エンタープライズ)が提供しているサーバーは、構成の柔軟性や独自のイノベーションを凝縮した製品を提供しており、普段使用されている方も多いことでしょう。

しかし大切なデータを保存しているHP製機器が、突然の不具合や故障で起動しなくなったりアクセスできなくなった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

今回は、HP製機器のデータ復旧方法について徹底解説します。

HP製機器の種類

HP製機器には以下のようなものがあります。PCやサーバーが中心となっており、記録媒体としてHDDが使用されているものが多いです。

種類 用途 参考機種
デスクトップ/ノートパソコン 手頃なエントリーモデルから高性能なプレミアムモデルまで目的にあったシリーズが豊富。 Spectre、ENVY、Pavilion、HP、OMEN by HP、Pavilion Gaming、Chromebook、ProBook、Eliteなど
NAS・サーバー あらゆる規模のビジネスに対応可能な柔軟性と信頼性を備えたサーバーを取り揃える。 HPE製ProLiant、Integrity、BladeSystem、StoreEasy、RDXなど
USBメモリ 大容量USBメモリなどを販売。 x750w、HPFD730Wなど

HP製機器の障害事例

HP製PCに多い障害事例

  • 電源が入らない/起動しない
  • データを誤って消去してしまった
  • 青い画面、黒い画面が表示される
  • エラーメッセージが表示される
  • フリーズしてしまった
  • PC内部から異音がする など

HP製PCで発生する障害の原因として、1つは内蔵HDDの故障が考えれます。HDDにはPC内のデータがすべて保存されているため、対処法を誤るとデータを失ってしまうことがあります。

HDDの復旧方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

HPE製NAS・サーバーに多い障害事例

  • 電源が入らない/起動しない
  • LEDがオレンジに点滅している
  • フリーズしてしまった
  • エラーメッセージが表示される
  • 共有フォルダにアクセスできない
  • 内蔵HDDから異音がする
  • RAID再構築(リビルド)の失敗 など

HPE製ProLiantでトラブルが発生した場合は、内蔵HDDのLEDランプを確認してください。

番号 LED ステータス 意味
取り外し禁止 白色で点灯 ドライブを取り外さないでください。ドライブを取り外すと障害が発生します。
ドライブステータス 緑色 正常に動作しています。
オレンジ色/緑色で点滅 1つまたは複数のドライブの障害が予測されています。
オレンジ色で点灯 ドライブに障害が発生しました。

 

HDDドライブに異常が見られない場合は、機器本体に原因がある可能性があります。安全にデータ復旧を行うためには、故障原因の特定をすることが大切です。

HPE製ProLiantの故障原因やデータ復旧方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

HP製機器におけるデータ復旧する際の注意点

HP製PCやNAS・サーバーなどに保存されているデータを復旧する際には、いくつかの注意点があります。誤った対処をしてしまうとデータの復旧率を下げてしまうことにも繋がりかねないため、下記の事項に注意して復旧の対応をしましょう。

フォーマット(初期化)を行わない

HP製機器に保存しているデータを読み込めなくなった場合、「フォーマットしますか?」といったエラーメッセージが表示されることがあります。エラーメッセージに従ってフォーマットをすると保存されている様々なデータが消去され、取り戻すことができなくなってしまいます。

データが必要な方は、必ずデータのバックアップを取っていることを確認し、フォーマットを実行してください。

機器への通電を続けない

落下や振動などの物理的な衝撃によってPCやサーバーに異常が発生した可能性がある場合、機器を動作させないことが重要となります。通電を続けることで破損した部品を、強制的に動作させることになります。

通電は機器へ大きな負荷をかける行為となるため、機器の症状が悪化してしまう可能性があります。データを取り戻せなくなることを防ぐためにも、通電を停止してください。

個人でHDDを開封しない

HP製PCやNAS・サーバー内蔵のHDDを通常の環境下で開封すると、データを正確に取り出せなくなるリスクが発生します。上記の図はHDDの内部構造を表しています。データは磁気ディスク(図①)にすべて記録されており、この表面にホコリや塵が付着したまま動作させることで傷が付きやすくなります。開封する際には、専用の設備や高度な技術力が必須となります。データ復旧の専門業者でも、安全な環境で開封し復旧できる業者は、数えるほどしかありません。

HP製機器からHDDを取り出し、個人で開封することはリスクを伴います。安全にデータを取り出すためにも個人の開封作業は控え、技術力の高い専門業者へ依頼してください。

システムの復元を行わない

HP製PCにトラブルが発生した場合、「システムの復元」という機能があります。しかしこの作業はPCのバックアップを作成した時点に戻すことになるため、それ以降のファイルデータはすべて削除されてしまいます。大事なデータが保存されている場合は、「システムの復元」を実行しないようにしてください。

RAID構成を組んでいる場合、個人作業は控える

HPE製ProLiantなどのサーバーを使用している方も少なくないと思います。NAS・サーバーでRAID構成を組んでいる場合、リビルド(再構築)やHDDの取り外しを行うと、新たな障害を引き起こしたりデータ構成が崩壊してしまう恐れがあります。

HDDを交換する際も、順番を誤ってしまうとシステムの規則に乱れが生じます。データ復旧が困難になるケースもあるため、個人判断での作業は行わないようにしましょう。

サーバのデータ復旧に関しては以下のページで詳しく説明しています。

HP製機器のデータ復旧方法

HP製機器のデータ復旧方法は主に下記の2つに分けられます。用途やメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った復旧方法を選択しましょう。

復旧ソフトを利用する

データ復旧ソフトは、比較的安価で気軽に復旧作業を試せるツールですが、トラブルの原因が判明していない状態での使用には注意が必要です。経年劣化や、落下、振動などの物理的な衝撃によって機器にトラブルが発生した場合は、復旧ソフトを使用したデータ復旧はできません

正確な障害が判断できないまま誤った作業を進めてしまうと、機器の故障が悪化してしまう可能性があります。安全にデータを取り出したい場合は、まずプロの専門業者へ相談することをおすすめします。

データ復旧業者へ依頼する

データ復旧をする際に最もおすすめなのが、データ復旧業者への依頼です。

メーカーでは機器の修理を依頼することは可能ですが、データ復旧には対応していません。修理を依頼すると機器本体の動作は可能になりますが、保存していたデータはすべて初期化されてしまいます。

上記のように、主にメーカーは機器の開発や製造を専門としています。データ復旧や取り出しを行いたい場合は、専門のデータ復旧サービスを利用する必要があります。HP製PCやHPE製NAS・サーバーのデータ復旧実績がある業者であれば、確実にデータを取り出せる可能性が高いです。

技術力が高く実績のある業者を選定するポイントについては、以下のページで解説しています。

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、判断の基準が分からない方も多いと思います。そこで今回は、HP製/HPE製機器の復旧実績がある業者を厳選し、その中からおすすめのサービスを選定しました。メーカーのデータ復旧サービスや他社の業者で復旧不可であった場合でも、諦めずに相談することで大切なデータを取り戻せる可能性があります。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、365日24時間電話受付も行っているため、突然の故障にも対応することが可能です。

HP製PCやHPE製ProLiantなど多くの機種に対応しており、安心して依頼できる業者と言えるでしょう。

また、技術力の他に復旧スピードも非常に速くスピーディーな対応も大きな魅力です。診断・見積りも無料で行えるため、データを取り出せるか不安な方は、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 365日24時間電話受付
最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス

サイトデータリカバリーサービス

データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

今回は、HP製機器にトラブルが発生した場合のデータ復旧方法について解説しました。

HDDは精密機器のため、復旧ソフトや個人での復旧作業にはデータ消失のリスクが伴います。トラブルが発生した場合はなるべく機器への通電を控え、データの重要性に適した復旧方法を行いましょう。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。