マルウェア感染だと感じたらコントロールパネルから確認する方法

この記事は約 3 分で読めます。


  • 何もしないのにPCが再起動を繰り返す
  • 突然電源が落ちた
  • 急に動作が以前に比べて遅くなり、PCが使い物にならなくなった

急にPCがいつもと違うおかしな動きを始めること、皆様も経験があるのではないでしょうか。そんな時、真っ先に疑うべき原因の一つはマルウェア感染です。

マルウェア感染を調べるには

PCがマルウェアに感染しているかどうかはマルウェア検出と駆除に対応しているセキュリティソフトウェアを使えば簡単に調べることが出来ます。

一般的な方法は手間がかかる

しかし、PC上でセキュリティソフトウェアを起動して、完全スキャンしてというのは結構手間のかかる作業ですよね。スキャンには結構時間もかかりますし、その間はPCを使うことは出来ません。

そういった手間と時間のかかることをせずにもっと簡単で手軽にチェックする方法はないものでしょうか。簡単にチェックすることが出来れば、本当に必要な時だけセキュリティソフトウェアで細かいチェックをすれば良いということになります。

より簡単に調べる方法は?

方法はあります。実は、マルウェアに感染しているかどうかはPCのコントロールパネルで簡単に調べることが出来るのです。自分が使っているPCが感染しているかどうかすぐに調べて削除する方法を以下にまとめていきます。

コントロールパネルから感染を確認する

コントロールパネルから確認、感染が疑われる場合に取るべきもっとも簡単ですぐに出来る確認方法です。

具体的には、プログラムを開いて、PCにインストールされているソフトウェアの一覧に不審なものがあるかどうか確認するといった方法です。

確認の手順

  1. コントロールパネル
  2. プログラム
  3. プログラムのアンインストールを開く
  4. インストールされているプログラムの一覧が表示される
  5. 不審なもの、あるいはインストールした記憶のないものがないか探す
  6. もし不審なものがあれば、本当に問題かどうかインターネットなどで調べてみる

この手順でPC上に不審なソフトウェアがインストールされているどうか確認することが出来ます。

不審なソフトが見つかった場合

不審なソフトウェアがインストールされているのが見つかれば、すぐにアンインストールを選択して削除しましょう。もし削除した結果、動作が正常に戻れば、そのソフトウェアが不具合の原因だったとわかります。

不審なソフトが見つからない場合

もし不審なソフトウェアが見当たらない、あるいは不審なソフトウェアを削除しても問題が解決されないのであれば、別の解決策も試してみる必要があります。

その時に役立つのが先に少し述べたセキュリティソフトウェアです。この段階で初めてセキュリティソフトウェアによるPCのスキャンを行ってチェックします。このチェックでマルウェアが見つかれば、そこで削除処理をして対応は完了となります。

スキャンの前に確認!

上記の様な手順で行うことで、最初からソフトウェアでのチェックを行う場合と比べ、大幅な時間短縮が可能です。

特に最近は、インターネット上のマルウェアなどの脅威がより巧妙になってきており、発生・被害件数ともに急激に増大していますので、日頃のこまめな確認が重要です。

おわりに

2015年秋からの爆発的なマルウェアの増加に伴ってIPA(独立行政法人情報処理推進機構)から注意喚起が出されたことは記憶に新しいことです。

注意してもしすぎることはなく、いつ感染しても不思議でないという状況にもなっているのです。

時間のかかるセキュリティソフトウェアによるチェックも重要ですが、より手軽に出来る今回の方法も取り入れて、マルウェアの被害にあわないように日頃から注意しましょう。

このページの内容にピッタリの製品・サービスの紹介

コンピュータシステム製品一覧

コンピュータを中心に組み上げられた情報処理(入力、計算、加工、出力)を行うためのシステムのこと。詳細はこちら
IT企業10年間、Linux・Windows系のサーバ・インフラ系構築・運用エンジニアとして経験を積み、現在は、とある企業で社内SEとして活動。 多種多様な業務に携わってきたため知識は幅広く、得意分野はLinuxをはじめとしたサーバー構築。社内セキュリティ担当者としての経験も長く、セキュリティソフトウェアや、ゲートウェイ対策にも精通している専門家として活躍中。 >プロフィール詳細

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ