サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

USBメモリで外部に情報を持ち出す際に注意すべき3つのこと



簡単に他の人や別のPCとの間でファイルをやりとりするのに、USBメモリは非常に便利なツールです。しかし、USBメモリを使って外部に情報を持ち出す際には、気をつけるべき3つのポイントがあり、守る必要があります。

では、この3つのポイントとはいったい何なのでしょうか。今回の記事では、これらUSBメモリを外部に持ち出す際に気をつけるポイントについて解説していきます。

USB持ち出しの3つの注意点

  1. 必要以外の情報は持ち出さない
  2. 紛失・盗難に遭わないようにバッグ等を手放さない
  3. 持ち出すファイルにパスワードをかけ、USBメモリは暗号化機能付きのものを使う

これを見ると、一般的によく言われる情報漏えいを防ぐために気をつけるべき内容とよく似ていることがわかります。

ちなみにIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)セキュリティセンターでは情報漏えい対策として以下の内容を示しています。

IPAが提示する情報漏洩対策

  1. 情報は持ち出さない
  2. 情報の安易な放置はしない
  3. 情報の安易な廃棄をしない
  4. 不要な持込みの禁止
  5. 鍵をかけ、貸し借り禁止
  6. 情報の公言の禁止
  7. 問題が起こった場合は、すぐに報告

今回のUSBメモリで外部に情報を持ち出すケースは1・2に関連しています。

そもそも「持ち出さない」こと

まず当然のことですが、1に挙げた通り必要以外の情報は持ち出さないことが重要です。また3のように持ち出す際には情報ファイルにパスワードを設定し、万が一漏えいしても読み出すことが出来ないようにすることが必要です。

加えて、暗号化機能付きのUSBメモリを活用することも必要です。これはUSBメモリの中を閲覧するのにパスワードを入力する必要があり、入力出来ない場合は中に保存された情報は暗号化されていて取り出せないというものです。これによって万が一にも情報が外部に流出してしまうことを防ぎます。

「放置」も厳禁

また2の「安易に放置しない」ということはUSBメモリを携帯しているときは、常に注意を払い、バッグ等を手放さないということを意味しています。電車の中などでバッグを網棚の上に置き、そのまま忘れてしまうということはビジネスマンにはありがちなことです。しかし、一旦置き忘れてしまうと、バッグの中のUSBメモリはそのまま戻ってこず、情報が外部流出してしまう恐れも高くなります。

こういったことを避けるために、USBメモリの入ったバッグは必ず手元に置き、自分の身体から離さないようにしましょう。

USB普及の背景

  • サイズも非常に小さくかさばらない。
  • PCのUSBポートに差し込むだけで、特にソフトウェアのインストールなども必要なく簡単に使用できる。
  • 小さなメモリーにDVD1枚などの大容量データを収めることが出来る。

これだけのメリットがあれば普及しないはずはありません。多くの企業やビジネスの現場のみならずプライベートなどでも、今やUSBメモリはいたるところで幅広く利用されています。

しかし、反面USBメモリはセキュリティの観点からするといくつか問題点を抱えています。それは「紛失・盗難による情報漏えいのリスクが高い」「ウィルス感染をもたらすリスクが高い」などです。USBを利用して外部に情報を持ち出すこともあると思いますが、その場合にはセキュリティの問題をしっかりと認識し、注意していく必要があります。

おわりに

最後にもう一度まとめると、気をつけるべきことは下記3項目です

  • 必要以外の情報は持ち出さない
  • 紛失・盗難に気をつけて持ち運ぶ
  • パスワードや暗号化をする

これら3項目に気をつけることで、より安全にUSBメモリに情報を入れて外部に持ち出すことが出来るようになります。さらには、万が一に紛失や盗難が発生したとしても、情報が外部に漏えい・流出する危険性を限りなくゼロに近づけることが出来ます。


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。