USBメモリ紛失、顧客情報1万3,987件流出か|ライフコーポレーション

画像:株式会社ライフコーポレーションより

スーパーマーケット「ライフ」を経営する株式会社ライフコーポレーションは2019年4月23日、同社従業員が業務規定に反して顧客情報が記録されているUSBを外部に持ち出したところ、紛失したと明らかにしました。

紛失したUSBメモリには首都圏の2店舗の顧客情報1万3,987件が記録されていたとのこと。記事発表時点では発見に至っていませんが、USBメモリには強固なセキュリティ設定と暗号化処理に守られており、流出の可能性は低いとしています。

社内規定に反して店舗外持ち出し

インシデントは2019年4月16日、同社従業員が店舗内でUSBメモリを使用した後、外部に持ち出した際に発生しました。同社は個人情報保護の観点から社内規定にてUSBメモリの外部持ち出しを禁じていましたが、規定を破っての行動です。

同社従業員はその後、USBメモリの紛失に気付き店舗内を捜索。ところが発見には至らず2019年4月19日、管理者に対して紛失の経緯を報告。今回の発表へと至ったとのことです。

情報の内訳は

ライフコーポレーションによると、USBメモリには首都圏2店舗(クロスガーデン調布店及び青葉しらとり台店)の個人情報13,987件が記録されていました。流出の内訳は下記の通り。

対象となるユーザー 対象件数 対象の情報内訳
アプリ登録者・ポイントカードユーザーのうち、クロスガーデン調布店及び青葉しらとり台店の購買者 1万3,987 件 ポイントカードID、アプリ専用ID、性別、年代、購買情報(店名・購買点
数・金額
首都圏 116 店舗と近畿圏 8 店舗の顧客データ 不明 氏名・住所等は含まれず、個人の特定は不可能

参照個人情報を含むUSBメモリ紛失についてのお詫びとご報告/株式会社ライフコーポレーション

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?