サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

国際イベントにおけるセキュリティ対策の重要性について



img_10352_1世界中の人々の注目が集まるイベント。それはテロリストにとっても、普通の犯罪者にとっても狙う価値のある場所になります。テロリストにとっては自分たちの存在を誇示するために。犯罪者にとっては、その土地の“常識”を知らない騙しやすい観光客が大挙押し寄せるために。

例えば、「交通システム」…信号のシステムに侵入して一斉に全部青にしたら、どれだけの事故が起きるでしょう。

例えば「ATM」…普段使っているATMなら、スキミングの機械がついていれば気が付くかも知れません。でも、海外のATMでは、スキミングの機械があっても気づくことは無いでしょう。

犯罪者にとっても価値がある「国際イベント」

このように、大きなイベントは闇社会の人間にとっても大きなイベントなのです。何も対策をしていなければ、大規模な犯罪が行われてしまいます。

だからこそ、2020年東京オリンピックを無事に運営できれば、世界中に日本のサイバーセキュリティ体制が整ったと証明して見せることができるのです。これが度々このコラムの中で、サイバーセキュリティ体制の完成リミットは「2020年」と言う理由です。

懸念されるリオオリンピックでのサイバー攻撃

もうすぐ始まるリオデジャネイロオリンピック。ジカ熱と並んで、交通網や犯罪に対する懸念が高まっています。その懸念材料の一つであるサイバーセキュリティ。

リオデジャネイロオリンピックでは、シマンテックが主として対応するようですが、期間中のサイバー攻撃は6億5千万件以上に上るであろうと推測しています。何もないことが一番ですが、ひょっとしたら、東京の反面教師になりかねない恐れもあります。サイバーセキュリティ対策という視点でも、今回のオリンピックの運営は要注目です。

ジャポニスム2018で実施されるサイバー攻撃対策テスト

さて、実は東京オリンピックに向けて、国は事前に国際イベントでのサイバーセキュリティ対策のテストを計画しているようです。

それがフランスで行われる「ジャポニスム2018」です。※フランス語なので“ニズム”じゃなくて“ニスム”

ジャポニスムとは

日仏友好160年を記念し、19世紀ジャポニスムを巻き起こした国際博覧会の地、パリで21世紀の日本を知ってもらい、EUの人たちに東京オリンピック観光を誘う狙いがあります。それと共に、東京オリンピック前に日本主催の大規模な国際イベントとして、セキュリティ対策のテストにもなります。

ちなみに、19世紀ジャポニスムを巻き起こした国際博覧会の立役者の一人が朝ドラでも人気になった五代友厚ですね。宣伝にディーン・フジオカを使えば国内の興味が高まるかも知れません。(笑)

この「ジャポニスム2018」、連絡会議が非公開であったり、全面協力する「“日本の美”総合プロジェクト懇談会」の座長の発言がちょっと強引過ぎたりで、アレな部分はあるのですが、開催準備の構成員に東京オリンピックの内閣官房担当も含まれています。東京オリンピックのプロトタイプとして、サイバーセキュリティも含めた様々な対策の確認が行われると見込まれます。

今後の対策の展開

  1. 2018年の「ジャポニスム2018」(成功すれば)
  2. 2019年にパリ以外にも展開
  3. 2020年東京オリンピック

これが政府の海外に向けての「安心・安全な日本」アピールの計画です。これを意識し、民間でも対策を立てなければなりません。

おわりに

「ジャポニスム2018」に関連するであろう、文化・出版等の分野は2020年を待たず、2018年を目安にサイバーセキュリティ対策を考えましょう。文化イベントですので、知財権対策なども忘れずにしっかりしておきましょう。知財に関わることもサイバーセキュリティ対策の一つです。

次回は、サイバーセキュリティ戦略の一方の柱、「IoTセキュリティガイドライン」について解説します。



  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。