サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

埼玉大学もEmotet感染、不審メール大量送信を確認



画像:埼玉大学より引用

埼玉大学は2022年5月24日、所属する教職員が使用するパソコンがEmotetに感染したと明らかにしました。

Emotetは感染した端末からメール情報を抜き出し不審メールなどに引用することで知られているマルウェアですが、同大学ではメールアカウント情報の流出が懸念される状況で、既に感染の影響と見られる大量の不審メールを確認しているとのこと。

同大は既にマルウェアの駆除およびメールの不正送信を停止する措置を講じましたが、既に発信されたメールを止める術はなく、注意するよう呼び掛けています。

防御難しく二次被害も懸念される

埼玉大学はメールドメイン「~@gr.saitama-u.ac.jp」から届いたメールについて、添付ファイルやURLを開かないよう呼び掛ています。

Emotetによる不審メールは、過去やりとりした宛先などに、実在する人物を名乗る形で送信されます。システムに依らず防御するには相応の警戒が必要であるため、二次被害も懸念されます。

同大学は事態を受け、情報セキュリティ教育の徹底などを通じて再発を防止するとしています。

参照マルウェア感染が原因と思われる本学メールアドレスを悪用したメール送信のお詫びについて/埼玉大学


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。