大和証券の英国子会社が不正アクセス被害|サイバーセキュリティ.com

大和証券の英国子会社が不正アクセス被害



画像:株式会社大和証券より引用

株式会社大和証券は2022年4月8日、同社のイギリス子会社である「Daiwa Corporate Advisory Limited(DC Advisory)」に対する外部からの不正アクセスが確認されたと公表しました。

説明によれば、攻撃を受けたのはDC Advisoryが保守・運用しているサーバーおよびネットワークシステムです。同社は攻撃が検出された段階でセキュリティ措置を講じましたが、記事公開時点で情報流出の可能性も懸念される状況で、同社は関係当局に報告するなど対処を進めているとのこと。

なお、同社は現在、外部専門機関の協力を得て原因や被害規模を調査しています。新情報が明らかになった場合、告知があるものと見られます。

国内グループへの影響は否定

大和証券はDC Advisoryへの不正アクセスは事実とする一方で、国内グループの業務に対する影響はないとしています。

過去確認された事例のなかには、海外子会社を切り口として国内ネットワークサーバーに侵入された企業もありますが、同社はDC Advisoryは国内グループが運用するネットワークとは分離されていると説明。影響はないとの見方をしています。

参照当社の英国子会社に対する不正アクセスについて/株式会社大和証券




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。