文具のクラブン、ランサム感染で営業データなど流出か|サイバーセキュリティ.com

文具のクラブン、ランサム感染で営業データなど流出か



画像:クラブン株式会社より引用

クラブン株式会社は2022年3月22日、同社が運用しているウェブサーバーがランサムウェアに感染し、複数のデータが暗号化される被害が発生したと明らかにしました。

説明によれば、同社では2022年2月14日の朝、自社システムの障害が発生。専門機関に調査を依頼したところ、原因は同社を標的とした外部からのサイバー攻撃によるもので、サーバーがランサムウェアに感染し、内部データが暗号化されていると判明しました。

同社によれば、被害サーバーには取引履歴や取引先の情報、営業資料や開発資料、社員データなどが含まれていました。記事公開時点で外部流出の有無は明らかになっていませんが、同社は情報が流出した可能性があるとして、事実を公表しています。

システム復旧などは完了済

クラブン株式会社によると、攻撃は同社を標的として行われたものであり、サーバーや端末のシステムに障害が発生しています。

同社はこのため、専門機関の協力を得て、サーバーの再構築や端末の復旧を行ったとのこと。記事公開時点で調査や解析・復旧は完了しており、システムは正常に稼働している状況です。

なお、同社は被害を警察や関係各所に報告。今後はセキュリティ強化を進め、再発を防止するとしています。

参照不正アクセスによる情報流出に関するお知らせとお詫び/クラブン株式会社




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。