創価大学がセミナー案内誤送信、288名のアドレス流出|サイバーセキュリティ.com

創価大学がセミナー案内誤送信、288名のアドレス流出



画像:創価大学より引用

創価大学通信教育部は2022年1月24日、同大学が開催した日本語教育特別セミナーへの申込者に宛てた電子メールにて誤送信が発生し、申込者のアドレスが流出したと明らかにしました。

同大によれば、問題のメールは2022年1月15日に発信されたもので、担当者がセミナーに関連する資料を外部一斉メールとして送信したところ、送信形式の指定ミスを起こしたとのこと。

本来、同大では外部メールを発信する際、送信先のアドレスを非表示にする「BCC」による送信が求められていましたが、担当者はミスによりお互いのアドレスが表示されてしまう「To」形式で送信するミスを起こしたとしています。

連絡発信方法の見直し検討

創価大学は誤送信による流出を把握したのち、対象者らに謝罪しました。

また、誤送信の原因を確認不足として、今後は情報の取り扱いや連絡の発信方法について見直しを検討するとしました。

参照個人メールアドレスの漏洩について/創価大学




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。