サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

個人情報保護委員会が12名の氏名を誤掲載、批判相次ぐ



画像:個人情報保護委員会より引用

個人情報保護委員会は2022年1月18日、委員会事務局が意見募集手続の結果をウェブ掲載する際にミスを起こし、誤って意見者12名の氏名および所属先が流出したと明らかにしました。

情報によると、発生日は2022年1月7日で、流出の原因は担当者による確認不足によるものです。委員会では意見募集手続の結果をウェブ掲載する際、本来は個人名等を伏せた形で掲載するものとしていましたが、確認を怠ったまま掲載したとのこと。委員会のホームページは誰でも閲覧できるため、情報が流出した形です。

同委員会はこのため、被害を受けた12名に連絡を取り謝罪するとしています。ただし、記事発表時点で被害者のうち1名とは連絡がついていない状況です。

拓策発表するも批判相次ぐ

個人情報保護委員会は流出の発生に伴い、今後はウェブ掲載予定の資料を扱う際、公開対象となるファイルを作業ファイルとは区別した環境で扱うと発表しました。

また、流出の原因が確認不足にあることから、今後はウェブ公開前に複数名での内容確認を徹底すると発表。再発防止策を明確にした形です。

ただし、個人情報保護委員会は情報流出が発生した際、各組織から報告を受ける立場にある組織です。このため、SNS等で同委員会への批判が相次いでいる状況です。

参照個人情報の漏えいについて/個人情報保護委員会


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。