サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

LINE Pay国内5万アカウントの一部決済情報がGitHubで公開状態に



画像:LINE Pay株式会社より引用

LINE Pay株式会社は2021年12月6日、同社が保有するサービス利用ユーザーのアカウント合計133,484件(国内ユーザーは51,543件)のキャンペーン関係の識別情報(識別子・加盟店管理番号、キャンペーン情報)がソースコード共有サービス「GitHub」にて外部閲覧可能な状態にあったと明らかにしました。

情報によると、流出元は同社が業務の一部を委託していたグループ企業です。所属従業員がポイント付与漏れの調査に利用するプログラムと一部ユーザーデータを「GitHub」に無断でアップロードしていましたが、同社によると、これが公開状態となっていました。

アップロードは2021年9月12日に行われたもので、同社が2021年11月24日に実施したモニタリング業務により発覚したとのことです。

部外者から11件のアクセス

LINE Pay株式会社は情報流出の判明後、閲覧可能であった情報は削除し、検索エンジン上やアーカイブサイト上での残存データが存在しないことを確認したとしています。

ただし、「GitHub」での公開中、部外者からのアクセスが11件程あったことを確認したとのこと。このため、同社は流出対象となったユーザーへの通知を行っています。

なお、記事発表時点で流出情報の悪用等は確認されていないとのことです。

参照一部ユーザーのキャンペーン参加に関わる情報が閲覧できる状態になっていた件のお知らせとお詫び/LINE Pay株式会社


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。