サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

株式会社栄久が宛先間違えFAX送信、利用者情報流出へ



画像:株式会社栄久より引用

株式会社栄久は2021年8月27日、同社が運営する医療介護機関および入院・入所者向けリネンレンタルサービス「eレンタル」の見積もり連絡において誤送信が発生し、サービス利用者の氏名や入所先住所情報が流出したと明らかにしました。

発表によれば、同社は2021年8月26日に利用者が入所する施設に向け見積もり書をFAX送信しましたが、担当者が宛先を間違えて入力したことにより、利用者とは無関係の施設に見積もり情報を送信する事態が発生。

担当者は誤送信時ミスに気付いていませんでしたが、利用者より「書類が届いていない」と指摘があり発覚。同社が確認したところ、見積書には利用者の氏名や入所先住所などが記載されていたことから、利用者に謝罪するとともに誤送信先に削除を依頼しました。

個人情報のFAX送信を原則禁止

株式会社栄久は誤送信の原因を「確認不足及びチェック体制の不備」と位置づけ対応を進めています。

具体的には、今後個人情報を記載した書類のFAX送信を原則として禁止すると決定。やむを得ず送信する場合は複数名によるチェックを通すことで、流出を防ぐ考えです。

参照個人情報漏洩に関するご報告とお詫び


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。