サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

岡山大学病院の医師がフィッシング詐欺被害、患者情報が流出



画像:岡山大学病院より引用

岡山大学病院は2021年8月4日、同大学に所属する医師がフィッシング詐欺被害を受けたことにより、医師が所有するクラウドストレージサービスの個人用アカウントが何者かの奪われたと明らかにしました。

大学によると、医師は個人用スマートフォンに向け送信された宅配業者を装ったフィッシングSMSに添付されていたリンクにアクセスし、IDおよびパスワード情報を入力。これにより、医師のクラウドストレージサービスのアカウント情報が何者かに奪われる事態に陥ったとのことです。

なお、被害を受けた医師は大学の規定に反して、持ち出しの禁じられている患者268人の検査情報をクラウドデータとして保管していました。このため、大学側は被害者に謝罪している状況です。

本人確認できず情報削除が困難か

岡山大学病院は記事発表時点で、流出情報の削除対応ができていない状態です。

同大学によると、医師は事態の発生を受けクラウドストレージアカウントへのアクセスを試みましたが、攻撃者は既にアカウント情報を奪い取っており、本人確認ができない状態とのこと。このため、攻撃者は患者情報は現在も閲覧できる状態とのことです。

なお、同大学は他の医師のクラウドサービスの利用状況の把握を進めており、被害医師への処分も検討するとしています。

参照フィッシング詐欺による患者情報漏洩インシデントの発生について


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。