スマホゲーム「ブルーアーカイブ」にDDoS攻撃、臨時メンテへ|サイバーセキュリティ.com

スマホゲーム「ブルーアーカイブ」にDDoS攻撃、臨時メンテへ



画像:ブルーアーカイブ公式 Twitterより引用

ゲーム事業などで知られる株式会社Yostarは2021年5月13日、同社が提供しているスマートフォン向けのゲーム「ブルーアーカイブ」の運営サーバーに対する外部からのサイバー攻撃が確認されたと明らかにしました。

同社によると、攻撃者は大量のデータを送り付けることでサーバーの稼働を阻害する「DDoS攻撃」と呼ばれる手法で攻撃。

これにより、ブルーアーカイブではゲームのプレイができない状態に陥るなどしたため、同社は2021年5月13日の午後6時ごろより、臨時メンテナンスを実施するに至ったとしています。

対策が難航。時間を要する

今回確認されたDDoS攻撃への対策は、難航したものと見られます。

株式会社Yostarは攻撃発生後に実施したメンテナンスにおいて、終了予定時刻を2021年5月13日の午後21時ごろとしていました。ところが、同社はその後の続報において、攻撃への対策が想定以上に時間を要するとして、メンテナンス期間を延長。最終的なサービス再開は2021年5月14日の午後20時となりました。

なお、同社は記事発表時点でDDoS攻撃に対策は完了しており、現在では正常にサービスを提供している状態です。

参照スマホゲーム「ブルーアーカイブ」、不正アクセスで半日以上の臨時メンテ DDoS攻撃か

参照公式ツイッターによる報告




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。