サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

コロナワクチン接種予約サイトにセキュリティ上の不備、対象外の人でも予約可に

  • LINEで送る


2021年5月24日開設予定の、防衛省が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの予約サイトにおいて、セキュリティ上の欠陥により、要件を満たさない人でも予約ができてしまう事象が確認されました。

本来、予約サイトを利用するには、東京エリアの1都3県もしくは大阪エリアの2府1県の市区町村コードや自治体が接種対象者に発行する接種券番号が必要です。ところが、実際に公開された予約サイトでは市区町村コード「111111」、接種券番号「9999999999」など、適当な番号入力でも予約を受け付けてしまう事象が発生。

予約サイトは2021年5月17日に公開され、サーバーダウンを起こさずに大量予約を受け付けるなど順調な滑り出しを見せていましたが、悪意のある人物が利用した場合、1人でワクチン予約枠をすべて占領できてしまう状態である事実が判明しました。

サーバーダウンを回避するための設計か

予約サイトで判明したセキュリティ欠陥、原因はサーバーダウンを回避するための措置であると囁かれています。

ウェブサイトにとってシステム処理の複雑さは、アクセス集中やサイバー攻撃(DDoS攻撃)などと並んで、サーバーに負荷をかけるリスク要因です。新型コロナウイルスワクチンの予約サイトとなると、当然大量のアクセスが想定されるものであるため、あえてどんな番号の入力でも受け付けるシステム設計にすることで、サーバーへの負荷を回避したものと見られています。

参照【独自】「誰でも何度でも予約可能」ワクチン大規模接種東京センターの予約システムに重大欠陥



  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


メルマガ登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。