サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

鹿島海外グループがランサム感染、約130万件のデータで金銭迫られる



ゼネコン大手の鹿島建設の海外グループ会社が2021年4月28日、ランサムウェアに感染したことにより、請求書などの内部情報流出を引き起こしていると明らかになりました。

情報によると、ランサムウェアによるサイバー攻撃は2021年3月下旬に発生したもので、攻撃者はハッカー集団「REvil(レビル)」と名乗っているとのこと。

レビルが盗み取った情報は全部で約130万件に及ぶものと見られており、鹿島側は対応を迫られている状況です。

データと引き換えに金銭を要求

レビルの目的は、金銭にあるものと見られています。

情報によるとレビルは2021年4月27日より、匿名性の高いダークウェブ環境にて、鹿島から盗み取った情報の一部を公開。合わせて、鹿島側に「情報の買取」を請求する書き込みをしているとのことです。

参照鹿島の海外子会社にサイバー攻撃 データ流出、金銭要求


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。