サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

コロナ感染者情報をホームページに誤掲載|奈良県



画像:奈良県より引用

奈良県は2021年1月15日、県ホームページの更新作業中にミスが発生し、新型コロナウイルス感染者の調査情報を、誤ってホームページ上に公開したと明らかにしました。

県が明らかにしたところによると、担当した職員は2021年1月14日、報道発表の資料をアップロードしようとしていました。ところが、作業中にミスが発生し、誤って同時刻に作成された新型コロナウイルス感染者の調査情報をアップロードしたとのこと。問題の資料は2021年1月14日16時40分から約5分公開された後、削除されました。

奈良県では誤掲載を防ぐために、編集者と承認者をそれぞれ別のIDにしていましたが、担当者は手間を避けるためか承認用のIDで作業し、ダブルチェックを潜り抜けていました。県は今回の誤掲載が、こうしたダブルチェック作業を怠った末の誤掲載として、対応を進めているとのことです。

接触者など7名の情報も流出か

奈良県によると、今回誤掲載された情報は、感染者1名の氏名や、住所や勤務先などのほか、PCR検査の結果なども含まれていました。
また、情報には行動調査や接触者の情報も含まれていたため、感染者とは別に7名・2社の情報も掲載されたとしています。

このため、奈良県は事案発覚後、問題の調査情報を県ホームページから削除。感染者や接触者に謝罪した上で、今後はホームページにアップロードしたファイルの確認を行うほか、編集者とは別の確認者が承認用IDでチェックするよう徹底するとしています。

参照県ホームページにおける感染者情報の誤掲載の事案発生について


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。