サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

コロナ感染者情報をホームページに誤掲載|奈良県

  • LINEで送る


画像:奈良県より引用

奈良県は2021年1月15日、県ホームページの更新作業中にミスが発生し、新型コロナウイルス感染者の調査情報を、誤ってホームページ上に公開したと明らかにしました。

県が明らかにしたところによると、担当した職員は2021年1月14日、報道発表の資料をアップロードしようとしていました。ところが、作業中にミスが発生し、誤って同時刻に作成された新型コロナウイルス感染者の調査情報をアップロードしたとのこと。問題の資料は2021年1月14日16時40分から約5分公開された後、削除されました。

奈良県では誤掲載を防ぐために、編集者と承認者をそれぞれ別のIDにしていましたが、担当者は手間を避けるためか承認用のIDで作業し、ダブルチェックを潜り抜けていました。県は今回の誤掲載が、こうしたダブルチェック作業を怠った末の誤掲載として、対応を進めているとのことです。

接触者など7名の情報も流出か

奈良県によると、今回誤掲載された情報は、感染者1名の氏名や、住所や勤務先などのほか、PCR検査の結果なども含まれていました。
また、情報には行動調査や接触者の情報も含まれていたため、感染者とは別に7名・2社の情報も掲載されたとしています。

このため、奈良県は事案発覚後、問題の調査情報を県ホームページから削除。感染者や接触者に謝罪した上で、今後はホームページにアップロードしたファイルの確認を行うほか、編集者とは別の確認者が承認用IDでチェックするよう徹底するとしています。

参照県ホームページにおける感染者情報の誤掲載の事案発生について





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。