サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

宅配便装う偽SMS詐欺が横行、フィッシング対策協議会も注意喚起

  • LINEで送る


画像:フィッシング対策協議会より引用

フィッシング対策協議会はこのほど、宅配便の不在通知を装って不正サイトへと誘導するサイバー攻撃について警告を発しました。

協議会が問題としているのは、モバイル端末などで利用されるショートメッセージ機能(SMS)を利用したフィッシングメール攻撃です。協議会が公開したメールには「ご本人様不在の為お荷物をお持ち帰りました。ご確認ください」というメッセージのほかに、URLが添付されているだけのもの。

ただし、問題のURLにアクセスすると、不審なアプリケーションのインストールを求められるなど不審な現象が発生すると協議会は警告。誘導先のフィッシングサイトは稼働と停止を繰り返すなどいたちごっこ状態にあり、完全な規制が難しい状態にあるため、アクセスしないよう呼び掛けています。

対策難しい偽SMS

「偽SMS」攻撃は、以前から問題になっており、目新しい事象ではありません。

ただし、これらの攻撃は日を追うごとに巧妙化の一途をたどっています。例えば偽サイトのデザインにしても、粗さが目立った一昔前のものと異なり、近年は本物との判別が困難なものも少なくありません。

このため、協議会側は対策として、宅配便のように日ごろから利用するサービスについては、メールやSMSではなく、スマホの公式アプリなどからアクセスするよう要請。ネットユーザーに注意を呼び掛けています。

参照宅配便の不在通知を装うフィッシング





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。