サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

アカウント乗っ取られ海外に約6万5千件の迷惑メール送信|日本国際博覧会協会

  • LINEで送る

画像:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会より引用

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は2020年10月13日、同協会が保有するメールアカウントの1つが何者かのサイバー攻撃により乗っ取られる事象が発生したと明らかにしました。

協会によると、不正アクセスは2020年10月7日~2020年10月8日にかけて発生したもので、攻撃者は協会のメールアカウントを悪用し、大量のなりすましメールを発信していたとのこと。その数は合計約6万5千件にも及んでいたことから、協会は急遽パスワード変更により対処を実施。外部セキュリティ専門機関への調査を決定しています。

メルアカが乗っ取りは判別困難

協会の発表によると、今回のインシデントは攻撃者がメールアカウントがそのまま乗っ取り、なりすましメールを送信していた形です。このため、攻撃者が発信したメールは、受信者から見ると真正の協会からのメールとなるため、判別は極めて困難です。

協会側は記事発表時点でフィッシングメールによる二次被害等は見られないとしていますが、送信先は国外アドレスに向けてのものであるため、その全貌を把握するのは困難なものと見られます。

参照【お詫びとお知らせ】協会メールアカウントへの不正アクセスによる国外へのフィッシングメール送信について/公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。