サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

エモテット感染で実在職員名乗る不審メール、情報流出の可能性も|龍谷大生協側

  • LINEで送る

画像:龍谷大学生活協同組合より引用

龍谷大学生活協同組合(龍谷大生協龍谷大生協側)は2020年9月2日、同生協の所有するPC端末がマルウェア「Emotet(エモテット)」に感染したことにより、生協が保有するデータベースが流出し、部内や関係者らに不審ななりすましメールが発生したと明らかにしました。

龍谷大生協によれば、感染のきっかけは龍谷大生協が使用するメールアカウント宛に送られた不審なメールによるものです。受信後、龍谷大生協の職員を名乗る不審なメールが確認され調査を実施したところ、生協内で使用する端末2台について、エモテットおよびその類種と見られるマルウェアの感染が確認されたとしています。

マルウェア削除するも、不審メールは発生中

龍谷大生協側は感染の発覚に合わせ、ウイルスチェックおよび端末の初期化など、マルウェアの削除に向けて対処を進めている状況です。

しかし、既に情報は流出したのか、龍谷大生協が保有していた生協関係者や組合員への不審メールが確認されているとのこと。また、メールの中には実在する職員を名乗り感染を広げようとするものも存在するため、迂闊に開封しないよう注意を呼び掛けている状況です。

参照龍谷大学生活協同組合におけるPCウイルス感染と、 感染に伴う不審メール発生に関するお詫びとお知らせ 途中経過 報告)/龍谷大学生活協同組合

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。