サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

標的型攻撃受けエモテットに感染、情報流出の可能性|クラウドゲート株式会社

  • LINEで送る

画像:クラウドゲート株式会社より引用

グラフィックデザインなどを手掛けるクラウドゲート株式会社は2020年8月30日、受信したウイルス入りメールを開封したことにより、同社と過去取引したことのある関係者の個人情報が外部流出した可能性があると明らかにしました。

発表によると、ウイルスに感染したのは2020年8月28日のこと。感染源となったメールは同社の取引先を装う形式で発信されていることから、攻撃者ははじめから同社を狙って「標的型攻撃」を仕掛けたものと見られています。

なお、感染を把握したクラウドゲート社は、同日中に感染したパソコンをネットワークから切り離すなどの対応を取っています。しかし被害は既に発生しており、同社と過去取引した関係者に、同社を偽装したなりすましメールが発信されたとしています。

不審メールに注意喚起

クラウドゲート社は事案発生に伴い、被害可能性のある人物に注意喚起を発しています。具体的には、「~@crowdgate.co.jp」のメールアドレスを使用しているため、異なるメールアドレスまたは同社アドレスの後に不審な記載のあるメールについて、メールファイルの開封などをしないように要請しました。

また、同社では今後、標的型攻撃に該当するメールなど悪意あるメールについて全社員に注意喚起を実施。情報セキュリティ対策を進めるとしています。

参照ウイルス感染と感染に伴う不審メール発生に関するお詫びとお知らせ/クラウドゲート株式会社

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。