サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

流出懸念の情報が実際に流出していたと発表|Classi株式会社

  • LINEで送る

画像:Classi株式会社より引用

ベネッセホールディングスとソフトバンク株式会社の合弁会社であるClassi(クラッシー)株式会社は2020年7月30日、同社を巡る2020年4月に発生した不正アクセスによる同社会員ID情報122万件が流出した問題について、流出可能性の指摘されていた個人情報が「実際に流出していた」と明らかにしました。

同社が流出先で公開されている情報を確認したところ、その内容については同社が保有する情報項目(Classiの利用IDおよび暗号化されたパスワード、任意記入の教員の公開用自己紹介文)と一致したとのこと。

ただし、流出先で公開されたパスワード項目は暗号化処理の影響で一部非表示となっているほか、記事発表時点で既にClassiユーザーのパスワードはすべて変更が完了しており、現在はサービスの安全環境は確保されていると説明しています。

迷惑メールが届く可能性、注意呼びかけ

Classi株式会社は今回の発表で、現在の動作環境への安全性を強調する一方で、一部ユーザーについて流出情報を悪用した迷惑メールが送信される可能性を指摘しています。

同社によると、迷惑メールリスクの可能性があるユーザーは、Classiの利用IDに@を含むメールアドレスと思われる文字列を使用しているユーザーです。Classi社は攻撃者や攻撃者から情報を入手した悪意ある人物がIDをメールアドレスとして認識した場合、対象ユーザーに不審なメールが届く可能性があると指摘しています。

参照ご報告とご注意のお願い/Classi株式会社

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。