教育機関向けSaaS「Classi」へ不正アクセス、登録情報最大122万件流出か

画像:サービス一時停止の調査報告とパスワード変更のお願い/Classi株式会社より

ベネッセホールディングスとソフトバンクグループの合弁会社であるClassi株式会社は2020年4月13日、同社が提供する教育機関向けのSaaS「Classi」について、外部からの不正アクセスが確認されたと明らかにしました。

同社によると2020年4月5日の夕刻、「Classi」に関係するシステムについて予期しないトラブルが発生したため、サービスの一時停止措置を決定。原因を調査する過程で不審な痕跡が確認されたため、第三者調査機関を通じて調査を実施したところ、2020年4月5日14時5分~16時19分にかけて、外部からの不正アクセスが確認されたと発表しました。

なお、同社は2020年4月6日時点で必要なセキュリティ対策を完了しており、発表以降において不正アクセスは確認されていないとしています。

最大122万人分のID情報に流出の可能性

Classi株式会社は今回の不正アクセスにより、サービス利用に必要なID約122万人分情報や暗号化されたパスワード文字列について、外部流出した可能性があるとしています。

また、任意記入の自己紹介文章についても、同様に流出の可能性があるとのこと。詳細は次の通りです。

対象者 サービス利用に必要なID登録者
期間 2020年4月5日14時5分~16時19分
内訳 ・約122万件(利用IDおよび暗号化されたパスワード)
・2,031件(任意記入の教員用自己紹介文)

同社は今後、再発防止に向けてセキュリティ強化を進めると発表しています。
参照サービス一時停止の調査報告とパスワード変更のお願い/Classi株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?