サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

メール誤送信でセミナー参加者のアドレス46件が流出|茨城県科学技術振興財団



一般財団法人 茨城県科学技術振興財団は2020年7月29日、同財団の職員が共催するオンラインセミナー参加者に向けたメールにおいて誤送信が発生し、セミナー参加者らのメールアドレス46件が流出したと明らかにしました。

同財団によると、誤送信の原因は宛先設定の入力ミスによるもの。財団の職員が2020年7月22日、「第142回つくば科学・技術産業イニシアティブ」のオンラインセミナー参加希望者らに向けた案内を外部一斉メールとして発信する際、同報者のアドレスを隠す送信形式の「BCC」形式ではなく、送信先でお互いのアドレスが表示する「To」形式で送付したため、送信先でお互いのアドレスが表示されてしまい、流出が確定したとしています。

他の職員が誤送信に気づき発覚

茨城県科学技術振興財団によると、誤送信を起こした職員は誤送信時、宛先設定の入力ミスに気づいておらず、別の職員が確認したことにより発覚しました。

このため、同財団は被害者らにメールで経緯を説明し、流出情報の削除を要請。また、参加者らから削除の同意を得る作業を進めています。

なお、同財団は今後の再発防止策として、送信前のダブルチェックを実施するよう決定。合わせて、一斉送信を実施する際は、「BCC」形式を原則とするよう定める方針です。

参照電子メールの誤送信について(お詫び)/一般財団法人 茨城県科学技術振興財団





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。