サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

米国フェイスブック、外部アプリ開発者が休眠ユーザーの情報取得できないように仕様変更



画像:Facebookより引用
米国Facebook社は2020年7月1日、同社が提供するSNSサービス「フェイスブック」のアカウントを利用した外部アプリについて、長期アプリを使用していない休眠ユーザーの情報に、アプリ開発側がアクセスできる問題を修正したと公表しました。
今回指摘されたのは、フェイスブックユーザーが外部アプリケーションを利用する際に選択できる「ソーシャルログイン」機能の問題です。
ユーザー側はソーシャルログイン機能を利用することで、本来外部アプリケーションを使用するために求められるIDやパスワードの設定などの手間を省くことができますが、一方でアプリ開発側にフェイスブックのアカウントに記録された情報を提供していることを意味しています。同社過去、不正アクセス問題に関連してこれを対策するとの認識を示しており、実行に移した形です。

約5,000の開発者が長期使用していないユーザーの情報を取得

今回、フェイスブック側は「ソーシャルログイン機能」で得られる個人情報について、「アプリを長期使用していないユーザーの個人情報を、開発側が取得できた」と指摘しています。
フェイスブックは2018年に起きたケンブリッジ流出問題を受け、「アプリ開発者は、90日以上そのアプリを使用していないユーザーの情報を取得しない」よう求めていましたが、現実には約5,000の開発者が長期休眠ユーザーの情報を取得していたと明らかにしています。
このため、フェイスブック側は開発側が長期休眠ユーザーの個人情報にアクセスできないよう修正を実行。情報保護に向け、仕様を変えたとしています。
参照使用頻度の低いアプリのデータ制限の改善、プラットフォームの条件と開発者ポリシーの簡素化/FaceBook





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。