ESET社がマルウェア増加を警告「直近6か月で最も多く検出」

大手外資系セキュリティ企業の「ESET」は2020年6月24日、同社が展開するセキュリティ情報ウェブサイト「マルウェア情報局」にて、ESET社の製品が検出したセキュリティ概況をまとめたレポートを公開しました。同社はレポート中で「2020年5月は直近6か月間の中で最も検出数の多い月」になったと警告。6か月前の2019年12月時点で検出された数と比べ、約200%にも及ぶ結果を示しています。

なお、同社によると5月に最も検出されたマルウェアは「JS/Adware.Agent」です。これはブラウザ閲覧者の意図しない広告を不正表示させるためのもので、ESET社は全体検出数の約12%を占めたと報告しています。

フィッシングメールも再び横行

ビジネスメールやキャンペーンメールなどを偽装する「フィッシングメール攻撃」も、引き続き多くの脅威となっています。

レポートではマイクロソフト社のVBAを利用した「VBA/TrojanDownloader.Agent」の被害件数が多く確認されていますが、これはビジネスメールなどに偽装して添付されるファイルとして知られています。「VBA/TrojanDownloader.Agent」は感染後、ユーザーの意図しないままに多くのマルウェアをダウンロードしてしまうため、情報流出やシステムの改ざん被害を招く、大変危険なマルウェアです。

なお、ESET社はこうした被害状況への対策として、オフィス製品のマクロ設定の状況確認やセキュリティ製品の導入を推奨。また、不審なファイルを安易に開封しないよう注意を呼び掛けています。

参照2020年5月 マルウェアレポート/Eset

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?