法人担当者の情報など200件記録した携帯電話を紛失|株式会社DHM

画像:業務用携帯電話紛失に関するお詫びとご報告/株式会社DHMより

株式会社DHMは2020年3月23日、同社に所属する従業員が電車での移動中、個人や法人担当者約200件の電話番号等を記録した携帯電話を紛失したと明らかにしました。

インシデントは2020年3月12日の午前中に発生。紛失発生後、同日中に携帯電話会社に連絡し利用停止措置を取り、警察当局への通報を実施しましたが、記事発表時点で端末は発見に至っていません。

二次被害は確認されず

DHM社によると、紛失した端末はスマートフォンではなく、いわゆるフューチャーフォンと呼ばれる端末です。そのため、端末内にスマートフォンのように詳細な企業情報や個人情報につながるデータは記録されておらず、現時点においても流出は確認されていないとのこと。不正利用による二次被害も確認されていません。

なお、同社は今後、再発防止策として個々の電話機器の操作機能ロックを徹底するほか、3月中をめどに、全業務用端末について管理者による遠隔ロックや削除に対応する設定変更を実施する方針を明らかにしています。

  • 個人名とその電話番号
  • 企業名(担当者名)とその電話番号
  • 関係者様の氏名・連絡先

参照業務用携帯電話紛失に関するお詫びとご報告/株式会社DHM

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?