不正アクセスによる記事投稿、情報漏えいは無し|日本証券新聞|サイバーセキュリティ.com

不正アクセスによる記事投稿、情報漏えいは無し|日本証券新聞



画像:2月29日に掲載されていた不正な記事について/日本証券新聞より

証券情報などを発信する日本証券新聞社はこのほど、同社が発信する新聞情報の電子版「日本証券新聞Digital」に対して、外部からの不正な記事投稿が発生したと明らかにしました。

同社によると、不正アクセスによる記事投稿は2020年2月29日から2020年3月1日に発生したもので、同社が確認を進めたところ、実際に同社画面上に表示される事象が確認されました。

このため、同社は不正アクセスの経路を遮断した上で、再発防止に向けセキュリティ対策を対策をすすめているとしています。

個人情報の流出はなし

不正アクセスによるインシデントは通常、情報流出が懸念されます。このため、日本証券新聞は同社デジタル版の管理画面や顧客個人情報への不正アクセスの有無や、ログの改ざんなどを確認しましたが、いずれも形跡が見つからなかったと発表。合わせて、情報流出の可能性はないとの見方を示しました。

参照2月29日に掲載されていた不正な記事について/日本証券新聞Digital




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。