脆弱性悪用されカード情報355件流出か|株式会社LASH DOLL JAPAN

画像: 弊社が運営する「LASH DOLL JAPAN ONLINE STORE」への不正アクセスによる 個人情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ/株式会社LASH DOLL JAPANより

株式会社LASH DOLL JAPANは2020年3月12日、外部からの不正アクセスにより同社が運営する通販サイト「LASH DOLL JAPAN ONLINE STORE」から、顧客クレジットカード情報355件について、流出の可能性が生じていると明らかにしました。

インシデントの原因は運営サイトに内在していたシステム上の脆弱性です。同社が実施した第三者調査機関のフォレンジック調査から、攻撃者がサイトの脆弱性を利用して侵入し、ペイメントアプリケーションを改ざんし、顧客が入力したカード情報を手にしていた可能性が判明しました。

カード会社より指摘受け発覚か

株式会社LASH DOLL JAPANによると2019年10月4日、クレジットカード会社から流出についての懸念の通知を受け、インシデントが発覚しました。

これを受け同社はサイトのカード機能を停止し、第三者機関によるフォレンジック調査を実施したところ、2019年9月20日~2019年10月4日にかけてカード決済したユーザーおよび、2019年10月5日~2019年10月10日にカード情報を入力したユーザーについて、情報流出の可能性があると説明しています。

同社は既に被害サイトを閉鎖しており、2020年1月30日よりセキュリティ強化しリニューアルした新たなサイト環境で運営しています。なお、、インシデントの詳細は次の通りです。

 

対象者 期間中にカード決済したユーザー 期間中にカード情報を入力したユーザー
期間 2019年9月20日~2019年10月4日 2019年10月5日~2019年10月10日
件数 355件 不明
内訳 カード名義人氏名、カード番号、カード有効期限、セキュリティコード 特定できず

参照 弊社が運営する「LASH DOLL JAPAN ONLINE STORE」への不正アクセスによる 個人情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ/株式会社LASH DOLL JAPAN

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?