サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

職員を装うエモテット不正メールが発生、県庁システムに感染はなし|千葉県

  • LINEで送る

画像:県職員を装った「なりすましメール」に御注意ください/千葉県より

千葉県は2020年1月22日、エモテット感染を狙ったものと思われる、県職員を名乗る不正メールが確認されたと明らかにしました。

県によると2020年1月17日、県内企業から「県職員から不審なメールが届いた」との連絡が入り、インシデントの可能性が浮上。確認を進めたところ、県職員を名乗って請求書や入金通知を装ったメールが見つかり、マルウェア「Emoet(エモテット)」による、なりすましメールと判明しました。

県庁内には感染なし

千葉県は庁内システムのマルウェア感染を否定しています。説明によると、事案発生後に庁内システムを再点検したが、マルウェアに感染した証跡が確認されなかったとのこと。また、見つかった不正メールは県職員の氏名や県のドメインを記載しているが、県の正規アドレスとは異なるものとしています。

こうした事情もあり、千葉県はメールの拡散こそ事実であるが、メールは同県から流出したものではないとの見方を示しました。同県は今後の対策として、県警と情報共有し、対策協議を進める方針です。

参照県職員を装った「なりすましメール」に御注意ください/千葉県

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。