エモテット感染で不正メールを拡散か│岐阜新聞社

画像:不審メールに関するお詫びとお知らせ/岐阜新聞社より

岐阜新聞社は2020年1月20日、社で使用するパソコンがマルウェア「Emotet(エモテット)」に感染したと明らかにしました。

同社によると、取引先から「不審なメールがとどいている」との連絡を受け、調査を進めた際、感染が発覚。同社と過去メールのやりとりをした取引先について、不正メールが送信されている事実が判明しました。

正規メールの返信装う

エモテットは近年、官民問わず様々な組織で被害事例が出ているマルウェアです。感染すると、被害者が過去にメールでやり取りした相手との内容を読み取り、「正規メールを装う」形で不正メールを拡散します。

なお、国内のエモテット被害事例においては、Word形式のファイルやURLを介して感染を広げる事象が多発しています。こうした背景もあり、同社は取引先に、添付ファイルやURLを開かないよう呼び掛けていました。

参照不審メールに関するお詫びとお知らせ/岐阜新聞社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?