サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

メールアカウント乗っ取られ迷惑メールを発信、エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社

  • LINEで送る

画像:弊社メールアカウント不正利用に関するお詫びとご報告/エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社より

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社は2019年12月25日、同社の保有する電子メールアカウントが何者かの不正アクセスを受けた結果、同社メールアドレスから大量の迷惑メールが発信される事象が発生したと明らかにしました。

同社によるとインシデントは2019年12月10日、委託先企業から大量の迷惑メールが送信されたとの通知があり発覚。同社が調査を進めたところ、「@lswest.jp」の1アカウントが不正利用された事実が判明しています。

同社はインシデント発覚後、同ドメインのホームページを閉鎖し、システムへのアクセスを停止を決定。迷惑メールの送信先に向けて、メールを開封しないよう呼び掛けています。

パスワード設定に脆弱性か

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社はインシデント発生の原因について、直接的な原因は不明との認識を示しながら、アカウントのパスワードが「類推されやすい設定だった」と指摘しています。

つまり、メールアカウントへのログインパスワードが「sakura」や「123456」のような安易なものであったため、正確なパスワード情報を持たない攻撃者に利用されてしまった可能性があるとの見方です。

同社は今後の対策として、セキュリティの見直しを進めるとしています。

参照弊社メールアカウント不正利用に関するお詫びとご報告/エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。