サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

不正アクセスでデータ改ざん、登録会員情報2,085件流出の可能性│株式会社サイトビジット

  • LINEで送る

画像:不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫び/株式会社サイトビジットより

株式会社サイトビジットは2019年12月9日、当社が運営するオウンドメディア「資格スクエアマガジン」のサーバーが不正アクセスによる改ざんを受け、登録会員情報に流出の可能性が発生したと明らかにしました。

同社によると、流出対象は2013年10月08日 21:41:57 〜 2015年01月09日期間中に、サイト会員登録したユーザー情報合計2,085件です。2019年11月6日にデータベースへのアクセス障害が発生し調査を進めたところ、サイトの改ざんと共に、仮想通貨を要求するメッセージが確認されたとしています。

流出情報は、氏名やメールアドレスなどが中心です。クレジットカード情報やパスワード情報の流出はないとのこと。同社は現在、影響を受けた利用者らに謝罪と注意を呼び掛けています。

サーバー停止などの措置を実施

サイトビジット社は事案発覚後、サーバーの運用停止し、通信ルールの見直すなど、被害拡大を防止するための措置を実施しています。

また、再発防止の目的から、外部ベンダーによるシステムの脆弱性診断を実施する考えを発表。新たなファイアーウォールを設置するとともに、社内のセキュリティポリシーを見直すなど、再発防止に繋がる施策を導入も決定しています。

なお、今回のインシデントの経緯および流出規模は、次の通りです。

時期 対応
2019年11月6日 データベース改ざんによる仮想通貨の要求文を確認
2019年11月6日 対象サーバーを停止
2019年11月8日 セキュリティ調査会社に調査を依頼
2019年11月15日 警察当局への届出
2019年11月25日 調査報告により、不正アクセスの原因や手口が判明
  • メールアドレス、姓、名、性別、生年月日、電話番号、住所:236件
  • メールアドレス、姓、名、性別、生年月日、電話番号:1,052件
  • メールアドレスのみ:797件

参照不正アクセスによるお客様情報流出に関するお詫び/株式会社サイトビジット

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。