EMOTET(エモテット)感染により1万8千件超のメール情報が流出か|首都大学東京

画像:首都大学東京におけるパソコンのウイルス感染について/首都大学東京より

公立大学法人・首都大学東京は2019年11月1日、同大学に所属する教員のPC端末がウイルス「EMOTET(エモテット)」に感染し、メールソフト内の本文やメールアドレスが流出した可能性があると明らかにしました。

大学側によると、ウイルス感染のきっかけは教員をターゲットにした標的型のフィッシングメールです。2019年10月18日、教員が自分のアカウントが受信した実在する雑誌社を騙るメールのリンクを開いたところ、ウイルス感染を起こしたとしています。

学内の教員に不審メール

インシデントは2019年10月18日の17時ごろより、同教員を騙る不審メールが学内の別の教員に送付される事象が発生したことにより発覚しました。

大学側が調査を進めたところ2019年10月21日、受信した教員のPC端末がウイルス感染を起こしていたと発覚。情報流出の懸念を持った大学が、第三者調査会社に調査を依頼したことにより、教員のメールソフト内の本文やアドレスが流出した可能性が浮上したというものです。

なお、大学によるとアカウント内のメールは合計1万8,843件。メールアドレスについては現在調査を進めており、今後把握するものと見られます。

参照首都大学東京におけるパソコンのウイルス感染について/首都大学東京

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?