婚活関連メールを誤送信、登録者らのアドレス129件が流出|長崎県壱岐市

画像:メールアドレスが流出する情報セキュリティ事故について/壱岐市より

長崎県壱岐市は2019年9月27日、市の政策企画課地域創生人口減少対策班が提供しているお結びメールマガジンにて誤送信が発生し、登録者らのメールアドレスが流出したと明らかにしました。

市によると、婚活関連イベント「第7回イキイキお結び大作戦参加者募集」のお知らせメールを送信する際に、担当者が本来「BCC」で送付べきところを誤って「TO」で送信。これによりメールアドレスの流出が発生したとしています。

2回に分けて送付し、2回とも流出

インシデントにより流出したメールアドレスは合計129件です。しかし壱岐市の経緯発表によりますと、合計2回にわけて送付されたメールが2回とも流出しており、担当者がそもそも宛先設定の確認を怠っていた可能性が考えられます。

なお、県の発表は今後、ダブルチェックの徹底により再発防止に努める考えを示しました。

参照メールアドレスが流出する情報セキュリティ事故について/壱岐市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?