USBメモリ紛失で組合員の個人情報84件が流出│熊本県農業協同組合

画像:熊本県農業共済組合(NOSAI熊本)より

熊本県農業共済組合は2019年8月5日、同組合内阿曽支所にて所属組合員84名の個人情報を記録したUSBが無くなっていたと明らかにしました。

同組合によると2019年7月31日、USBメモリを郵送する過程において探したところ、発見できず紛失した可能性が浮上したと説明。その後も捜索を続けましたが、記事発表時点で発見されていないとしています。

組合員全員に口頭で謝罪

熊本県農業共済組合は今回のインシデント発生に伴い、関係省庁にも第一報を報告。さらに2019年8月3日までに、組合員全員に口頭で謝罪したと発表しました。

同組合によると、現在のところ紛失した個人情報が悪用された痕跡なども確認されていないとのこと。今後は再発防止に向けて施策を実施するとともに、流出した可能性のある情報項目を公表しています。

  1. 組合員個人情報 84名分(氏名・住所・電話番号)
  2.  家畜共済情報(牛の名号・生年月日・個体識別番号・毛色・品種等)

参照 家畜共済の組合員の個人情報の紛失について/NOSAI熊本

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?