チャットワークがパスワードリスト型攻撃を確認、顧客らに注意喚起

画像:Chatworkへの不正ログイン防止のための2段階認証設定のお願い/株式会社チャットワークより

コミュニケーションツール「チャットワーク」などを手掛ける株式会社チャットワークは2019年7月12日、同社の顧客アカウントへのサイバー攻撃が発生していると明かしました。

同社は公式ホームページおよび顧客へのメールにおいて、サイバー攻撃が「パスワードリスト攻撃」によるものとの見方を説明。顧客らに向けてセキュリティ対策を要請している状況です。

使いまわしを避け、二段階認証の利用を推奨

チャットワーク社はサイバー攻撃への対応策として、

  • パスワードの変更
  • 二段階認証の設定

の2種の対策を呼び掛けています。

パスワードリスト攻撃は、外部サービスなどから抽出したパスワードが「使いまわされていないか」と試行するタイプの攻撃です。パスワードの使いまわしを避けることで、被害をかなり抑制できるでしょう。

また同社は二段階認証も推奨しています。アカウントと携帯端末を紐づければ、仮に第三者がパスワードを入手しても不正ログインに至らないと説明。同サービスは二段階認証に対応しており、導入を呼び掛けています。

参照Chatworkへの不正ログイン防止のための2段階認証設定のお願い/株式会社チャットワーク

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?