JC3 Forum 2019開催、東京五輪でのセキュリティ対策など講演

画像:JC3 Forum 2019 レポート/JC3より

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は2019年6月3日、同センターが開催した「JC3 Forum 2019」のレポートを公開しました。

「JC3 Forum 2019」はサイバー犯罪の特定・軽減・無効化などをテーマにした、各業界超名人による講演会。大手町で開かれた会場には471名が参加し、様々な角度から意見が交わされました。

各業界のシステム・セキュリティ担当者が参加

今回開かれた講演では、金融・放送・ITなどサイバー攻撃の標的となりやすい各業界のシステム・セキュリティ担当者や責任者・五輪関係者などが参加しました。

各担当者らは、それぞれの業界にて確認されたインシデントや、対策をとなるセキュリティ施策などについて解説。さらに東京オリンピック前に注意すべき事象など、関心度の高いテーマについても意見が述べられました。

参照JC3 Forum 2019 レポート/JC3

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?