2018年国内の個人情報流出は約268万件、共同通信社が発表

共同通信社はこのほど、2018年中にサイバー攻撃により国内企業から流出した個人情報が、約268万件を数える勢いと明らかにしました。

国内企業・団体104組織と国内ホテルの予約業務を受託しているフランス企業1社の発表をまとめたもの。全体として、ホテルや大学などの被害が目立ったとしています。

代表的な被害は?

2018年は前年に続き、多くのサイバー攻撃被害が発表されました。代表的なものは下記の通り。

企業名 流出件数
株式会社ディー・エル・マーケット 約56万件
三菱地所・サイモン 約27万件
聖教新聞社 約18万件

なお不正アクセス以外でも、誤送信や紛失等のインシデントも数多く発生しています。これらの流出も含めると、年間の被害件数はより膨大な数になるでしょう。

参照個人情報流出268万件 18年のサイバー被害/Yahoo!ニュース
参照個人情報漏洩事件・被害事例一覧

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?